Concept

日本と中国のリソースを組み合わせ、 高品質な製品を低価格で提供する

日本と中国のリソースを最大限活かした多管式熱交換器の輸入

日本には日本の、中国には中国の素晴らしいところがあり、その両者を組み合わせることで相乗効果を発揮します。

その一例が多管式熱交換器の低コスト輸入であり、設備管理費の低予算化が進む日本のプラント業界の需要にマッチしたビジネスが成立いたしました。中国ではプラント市場が盛んであるため、多管式熱交換器などといった化学設備をローコストかつハイクオリティーのものを仕入れられるのです。日本の需要と中国の供給を上手く繋ぎ合わせ、両国の架け橋となれるよう尽力を重ねてまいります。

設備を安く設置したい日本と多管式熱交換器を安く製造する中国

国によって経済市場状況は千差万別であり、日本国内だけに視野を狭めていると難しいことも、海外に目を向けることで実現できることも多々ございます。例えば、日本のプラント市場は高度経済成長期には大変盛り上がっていたにもかかわらず、バブル崩壊後は低迷傾向が続いているため、経費は安く抑える傾向があります。

一方で中国のプラント市場は、リーズナブルに工場が稼働できるため海外からの参入も多く、大変活発に成長してきました。結果、多管式熱交換器などといったプラント向けの化学設備の開発・製造技術も進化を遂げ、日本に引けを取らないクオリティーに加え、日本以上の低コスト化を実現しました。そこで中国と日本に独自の販売ルートを持っている代表が橋渡しになり、よりローコストでのプラントへの化学設備導入をサポートいたします。

拠点を栃木に構え日本全国に中国の多管式熱交換器を安く納品

本社は関東圏である栃木県に構え、そこを拠点に日本全国でリモートでの化学設備販売を実施しております。設備は大型のプラント向けのものであり、「多管式熱交換器」をはじめ、「圧力容器&常圧容器」「防爆電気ヒーター」を中国から高品質なものを仕入れ、それを低コスト短納期にて日本の企業様へ販売してまいりました。

コロナの影響を受けて対面販売は基本的に行わない方針に切り替えリモートでの販売をしているため、関東圏はもちろん日本全国のプラントへ化学設備を納品できるところが強みの一つでもあります。まずはヒアリング後にお見積もりにお申し込みいただき、契約、試運転、引き渡しなどの工程を経てしっかり納品いたします。より安い納品をご希望の方には、素材費が抑えられるクラッド鋼を使用した設備の納品も承っております。

中国で生まれ日本に帰化した代表が多管式熱交換器を独自販売

中国で高品質・低コストの多管式熱交換器をはじめとする化学設備を輸入し、それを日本のプラントへ販売するビジネスモデルを考案した代表は、中国出身でエンジニアとして日本に訪れました。その後日本国籍を取得し、家族と共に日本でエンジニアとして活動していたとき、とあるビッグプロジェクトのお声がかかり、中国の化学設備を調査することになりました。

残念ながらそのプロジェクトはお蔵入りとなってしまいましたが、そのときに中国企業様との繋がりができ、ローコストでの化学設備貿易業に手応えを感じたため、その後ブラッシュアップを重ね日本へ販売するルートを確保いたしました。中国の良さと日本の良さにそれぞれ深く精通し、優れたエンジニアと大きな実績もある代表だからこそできる仕事で日中両国を繋ぎ、社会貢献をしてまいります。

日本プラントへの多管式熱交換器などの販売実績をお写真で

プラントは一般的な市民街にある工場とは規模がとてつもなく大きなものであり、そのプラント内に導入する化学設備ともなると、それは大きなものになりがちです。そしてその分一回の売買も桁違いに大きく、一件の成約で多額のお金が動くことも珍しくはございません。

資金不足が懸念される日本のプラント市場へ、中国の発達したプラント市場から高品質・低コストの多管式熱交換器式などの化学設備を納品した実績を、お写真でご紹介いたします。スケールの大きな納品事例の数々を皆様にご紹介し、それに似合わぬローコストでの設備納品を全力でサポートいたします。一度ヒアリング・お見積もりにお申し込みいただき、企業様のプラントの稼働状況や、設置済みである設備の老朽化の状況などを確認できますととても嬉しい限りです。

企業様への多管式熱交換器の納品実績や業界への考察など

インターネット使ってどのような有益な情報を読者様にお届けできるか考えた結果、いくつか答えが思い浮かびました。まずは化学設備の納品実績であり、「多管式熱交換器」「圧力容器&常圧容器」「防爆電気ヒーター」などを設置したお写真とともに、納品後どれだけ企業様でコストカットが実現したのかなど、ご感想を読者様に共有してまいります。

また、日本のプラント市場と中国のプラント市場の違いや、両国が手を取り合うことによっての相乗効果についてなど、両国のプラント市場情勢に精通している代表なりの考察を記事にしていければと考えております。日本国内など、知っている市場情報ばかりに目を向けるのではなく、まだ知らない中国の市場情報を理解することで、低迷気味の日本プラント市場で生き残る方法が見つかる可能性もございます。