多管式熱交換器・株式会社CHEMIARX

の口コミ情報

日本のプラント市場の需要を満たす中国の多管式熱交換器

日本経済は中国より一足先に成熟し、高度経済成長を迎えてその頃に大規模プラントの建設も進みました。しかしながらバブル崩壊以降は衰退傾向にあり、老朽化の時期にあるプラントの設備メンテナンス費用もあまり多く捻出できない状況にあります。

一方の中国は経済成長の真っ只中にあり、プラント市場も活発な状態の中で多管式熱交換器などの化学設備の製造技術・コスト面も進化を遂げました。その低価格かつハイクオリティーな中国の多管式熱交換器を日本の企業様にお届けして、両国の需要と供給をマッチングいたします。

老朽化した日本国内プラントの化学設備をローコストで刷新

日本の高速道路や橋などをはじめとする公共インフラは高度経済成長期時代に一斉に建設が進んだものばかりです。その一方でちょうど老朽化の時期に差し掛かっているため、公共インフラは一斉にメンテナンスが必要な状況にあります。これと同様のことがプラント市場でも起こっています。現在日本で稼働している多くのプラントもまた高度経済成長期に建設されたものばかりであり、それらの設備は現在老朽化の問題に直面しつつあります。

しかし、当時のような市場の爆発的な成長はないため、多管式熱交換器などの化学設備を刷新する予算もそう多くは用意しづらい事情があります。一方、中国のプラント市場はだいぶ盛り上がっているため、ローコストながら高品質な化学設備の開発も発展しております。その中国のローコストな化学設備を日本のプラント市場に流通させることによって、プラントのメンテナンスをより円滑に進めてまいります。

進化途中のハイクオリティーな中国の化学設備で安全な稼働を

市場が活発であり経済の循環が豊かであればあるほど、その市場で求められている技術レベルの向上も目覚ましいものがございます。中国産は日本人から見てどちらかというと品質に課題があるような意見も多くありましたが、それはもう過去の話になりつつあります。プラント市場が活発な中国では、「多管式熱交換器」をはじめ、「圧力容器&常圧容器」「防爆電気ヒーター」などといったプラント向けの化学設備の開発・研究に多くの資産が投資され、その結果日本に負けない高品質な化学設備の流通に成功しており、もしかすると日本以上の品質があるかもしれません。

そのため、日本で入手できる化学設備に引けを取らない高品質な設備を、より安価でプラント内に導入できるため、日本のプラント市場の需要に大変マッチした貿易業を確立できました。安全な稼働が必須条件のプラント内部において、最新で高品質な化学設備の導入で安全な稼働をお手伝いいたします。

化学設備貿易ビジネスを通して日中両国を一つに繋げるには

明治維新直前の時代、犬猿の仲だった薩摩藩と長州藩に同盟を結ばせることに成功した坂本龍馬は、ビジネス上の大きな利害の一致でのwin-winな関係性を起点に、両藩の友好を進めた実績があります。日本と中国は、当時の薩摩藩と長州藩ほどではなくとも、ある程度の距離を感じるところがございます。しかしながら、国民・企業同士では大変仲の良いお付き合いをしている側面も多分にあります。

その友好関係を加速させていくきっかけとして、薩長同盟のときのようなビジネス上の利害関係の一致が、現在の日中関係にも大きく活きてくるはずです。ローコストで多管式熱交換器などの化学設備を導入したい日本のプラントの需要に対し、高品質かつ低価格での製造を実現した中国企業様の進化した化学設備の供給は、両者にとって大きな利があるものです。そのwin-winな関係性を起点に今以上に日中両国の友好を深めていけましたら、大変嬉しい限りです。