Blog

日本中国間で多管式熱交換器などを貿易する有用性を考察

インターネットで中国産の多管式熱交換器の素晴らしさを伝える

日本のプラントにおける設備の低コスト化の需要と、中国の低コストと高品質が両立した多管式熱交換器などといった化学設備、両者の需要と供給をマッチングさせた貿易ビジネスを営む中、日中両国のプラント市場の動向に関する代表なりの考察を、コラム記事として執筆してまいります。

また、実際に多管式熱交換器を納品した企業様からいただいたお声や納品実績なども記事にして掲載し、どのくらいのコストカットに繋がったのかなどもご確認いただけるよう配慮いたしました。

  • ハステロイ多管式熱交換器(設置時写真)

    クラッド鋼技術を活用したハステロイ熱交換器...

    2021/10/14
    熱交換器の腐食対策として、チューブ側はハステロイ、シェール側はSUS304を使用する場合があります。また、コスト低減などのため、管板はハステロイとSUS304のクラッド鋼(複合鋼)を使用することがあり...

NEW

  • クラッド鋼技術を活用したハステロイ熱交換器を納入しました

    query_builder 2021/10/14
  • ホームページリニューアルしました 【多管式熱交換器・圧力容器・防爆電気ヒーター】

    query_builder 2020/12/10

CATEGORY

ARCHIVE

中国から輸入した多管式熱交換器をプラントに導入することによって、日本でそのような化学設備を導入したときと比較してどのくらいのコストカットに繋がったのか、また、どのような悩みを解消することに繋がったのかなどを、納品した企業様からご感想もいただきました。そのご感想を化学設備を納品したときのお写真とともに記事にしていくことで、より多くの方々に中国産の多管式熱交換器などといった化学設備の素晴らしさをネットでお伝えできるようにと尽力しております。

また、中国のプラント市場と日本のプラント市場は事情が大きく異なるため、この二つの市場を深く理解することによって、苦しいプラント稼働における何かしらの打開策が見つかる可能性もそれだけ高まってくるでしょう。読者様のプラント市場における見識と視野をより広く持っていただけるように、市場傾向の事実に代表なりの考察を加味して、記事としてお届けしてまいります。